『少年倶楽部』と読者たち

岩橋 郁郎【著】

「親愛なる愛読者諸君!」と、編集部は呼びかけ、「拝啓、記者様」と読者たちがこたえる。そこには温かい友情が存在したに相違ない。昭和初年、マス・メディア成立期に100万部近くに達した『少年倶楽部』の秘密がここにある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 『少年倶楽部』から読者へ(『少年倶楽部』のアクション回路
  • 編集部から読者へ
  • 『少年倶楽部』からのアクションの成立)
  • 第2章 読者から『少年倶楽部』へ(読者からのリアクション回路
  • 自由投書欄にみる読者像
  • 読者からのリアクションの成立)
  • 第3章 マス・メディアとしての『少年倶楽部』
  • 終章 (雑誌分析における投書分析の有効性と限界
  • 残された課題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『少年倶楽部』と読者たち
著作者等 岩橋 郁郎
書名ヨミ シヨウネンクラブトドクシヤタチ
出版元 ゾーオン社
刀水書房
刊行年月 1988.1.16
ページ数 160p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4887081901
NCID BN02097224
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想