図面工作の評価

相田 盛二【著】〔アイダ セイジ〕

本書は、図面工作の評価について、学習指導要領及び指導書、児童指導要録などにを基にして、図画工作の学習の一般的な評価、観点別学習状況の評価、学習の評定などについて、図画工作の評価の意義、特色、評価目標、評価基準、更には、評価方法や評価の整理などから、その在り方や方法,評価の留意点や事例をあげて、できるだけ具体的に理解が深められるようにまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 教育評価の意義
  • 第2章 図面工作の評価の特色
  • 第3章 図画工作の評価の一般的な手順
  • 第4章 評価の整理の方法
  • 第5章 評価目標の分析
  • 第6章 評価基準の設定
  • 第7章 評価方法の種類
  • 第8章 各領域の評価のポイント
  • 第9章 評価の実施と評価資料の整理
  • 第10章 評価資料の分析と指導の改善
  • 第11章 評価の伝達
  • 第12章 学習評価の実際例

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図面工作の評価
著作者等 相田 盛二
書名ヨミ ズメンコウサクノヒヨウカ
出版元 三晃書房
日本文教出版
刊行年月 1987.12.10
ページ数 279p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想