良寛と子どもたち : 親と教師のために

北川 省一【著】

30年の後半生を子どもらと遊ぶ良寛。その人にははかりしれない魅力と飽きることのない滋味がある-。良寛研究のかたわら、20年にわたって子どもたちに童話を語りつづけ、「越後のお話おじさん」と呼ばれてきた著者が、良寛の歴史的実在に迫りながら現代の教育の荒廃に多くの示唆を与える書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「越州沙門良寛」とは
  • 良寛、子どもたちに出会う
  • 貧しさをのぶるうた
  • 子を亡くした親の心
  • いざ子ども山べに行かん
  • 放蕩息子たち
  • 戒語
  • わが昔語りなど
  • 追補(童子の戯れの偈
  • ツァラトウストラ、良寛を語る
  • 大関文仲の『良寛禅師伝』)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 良寛と子どもたち : 親と教師のために
著作者等 北川 省一
書名ヨミ リヨウカントコドモタチ : オヤトキヨウシノタメニ
シリーズ名 PQブックス
出版元 現代企画室
刊行年月 1988.1.10
ページ数 235p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想