アメリカの預金金融機関 : 変革期の金融制度

ゴレムベ カーター・H.<Golembe Carter H.>;ホーランド デイヴィッド・S.【共著】<Holland David S.>;馬淵 紀寿【訳】

最新のアメリカ金融制度の解説書!貯蓄金融機関についても詳解!当面の焦点であるグラス=スティーガル体制、金融システムについての安全性・健全性、商業銀行と貯蓄金融機関業務の同質化、消費者保護、国際銀行業務にスポット。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 預金金融機関に対する連邦政府の規制(連邦金融規制の生成と発展
  • ノンバンク預金金融機関
  • 連邦規制機関)
  • 業務制限(安全性と健全性
  • 消費者保護)
  • 新規参入と撤退(営業免許
  • 倒産と預金者保護)
  • 事業拡張に対する規制(支店の設置
  • 合併
  • 持株会社)
  • 銀行規制の内容(業務報告書と検査
  • 連邦監督機関の執行権限)
  • 国際銀行業務(多国籍銀行業務
  • 国際銀行業務の舞台)
  • 連邦銀行規制の将来(市場の変貌
  • 変化の兆し)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカの預金金融機関 : 変革期の金融制度
著作者等 ホーランド デイヴィッド・S.
馬淵 紀寿
ゴレムベ カーター・H.
書名ヨミ アメリカノヨキンキンユウキカン : ヘンカクキノキンユウセイド
シリーズ名 新金融シリーズ・21世紀への挑戦
出版元 キンザイ
金融財政事情研究会
刊行年月 1988.1.11
ページ数 336p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想