鉱工業生産活動分析 昭和62年7〜9月期 : 円高2年、進む内需主導の景気回復

通商産業大臣官房調査統計部【編】

[目次]

  • 第1章 鉱工業生産動向(生産及び出荷の動向-上昇傾向にある鉱工業生産
  • 在庫の動向-一巡した在庫調整
  • 当面の動向
  • 素材型業種の構造分析)
  • 第2章 出荷動向と最終需要(消費財出荷動向と個人消費-安定した伸びを持続した個人消費
  • 資本財出荷動向と設備投資-緩やかな増加を示した設備投資
  • 建設財出荷動向と建設投資-順調に回復する建設財出荷
  • 鉱工業出荷動向と輸出入-低下傾向にある輸出)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鉱工業生産活動分析 昭和62年7〜9月期 : 円高2年、進む内需主導の景気回復
著作者等 通商産業大臣官房調査統計部
書名ヨミ コウコウギヨウセイサンカツドウブンセキシヨウワ62ネン7-9ガツキ : エンダカニネンススムナイジユシユドウノケイキカイフク
出版元 通産統計協会
刊行年月 1987.12.14
ページ数 157p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想