韓国近代の叫び : 名論説45選を読む

千 龍淑【編】;内田 富夫【訳】

本書では李朝の忠臣達自決の書(1905年)や、3.1独立宣言(1919年)など、日本人として是非とも知っておきたい韓国の論説45篇をわかりやすく紹介した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 斥和議疏-対日講和に反対する上奏文(崔益鉉)
  • 民衆参加維新の詔勅(高宗)
  • 池運英事件に関する公開状
  • 日本人と断交を請う文(李南珪)
  • 茂長東学党の布告文(全〓準)
  • 「独立新聞」創刊社説(徐載弼)
  • 万民共同会の上奏文(李商在)
  • 韓国のために訴える(李〓鐘)
  • 朝鮮独立の書(韓龍雲)
  • 朝鮮革命宣言(申采浩)
  • 朝鮮の将来(徐載弼)
  • 政教分立について(金法麟)
  • 韓国の近代化(朴烈)
  • ハングルのみを使うの主張(崔鉉岩)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 韓国近代の叫び : 名論説45選を読む
著作者等 千 龍淑
内田 富夫
書名ヨミ カンコクキンダイノサケビ : メイロンセツヨンジユウゴセンオヨム
出版元 雲亭文化社
刊行年月 1987.11.20
ページ数 508p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想