トンボの繁殖システムと社会構造

東 和敬〔ヒガシ カズノリ〕;生方 秀紀;椿 宣高【著】

この本は、トンボ類の繁殖システムの研究分野の最新の研究成果を集めて、これまでに何が明らかになり、現在、何が問題になっているのかをまとめたモノグラフである。トンボの繁殖システムに関連した重要な文献はほとんど網羅していると思う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1部 繁殖システムと社会構造(異なる繁殖戦略の共存と種内多形
  • 縄ばり制社会における繁殖戦略
  • 雄密度に応じた縄ばり行動の切り換え)
  • 2部 繁殖システムの適応と進化(トンボ類の繁殖システム
  • 交尾後繁殖戦略
  • 雌の繁殖戦略と産卵様式の適応進化
  • 昆虫類の繁殖システム)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トンボの繁殖システムと社会構造
著作者等 東 和敬
椿 宣高
生方 秀紀
書名ヨミ トンボノハンシヨクシステムトシヤカイコウゾウ
シリーズ名 動物 その適応戦略と社会 6
出版元 東海大学出版会
刊行年月 1987.12.20
ページ数 318p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4486009142
NCID BN01983746
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想