水牛通信  1978‐1987

水牛通信編集委員会【著】

「水牛通信」は毎月十日に発行していた月刊誌の名前である。百号で終刊とするきっかけは、編集委員会みずから企画制作した高橋悠治のオペラ「可不可」の公演である。「みにくいJASEAN」から「可不可」まで。これが水牛の9年間といえるだろう。ここではその9年間を年代順に四つに分け、間に藤本和子、田川律と柳生まち子、高橋悠治の特集をはさんだ。ここにおさめることができたのは、分量からいうと百号分の1割弱である。翻訳および運動や文化の情報などは、はじめから除外して編集した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人と水牛-詩と楽譜(牛と即興劇
  • 構想・アジア演劇論
  • 水牛楽団おおいに語る
  • 病気・カフカ・音楽)
  • 1 藤本和子のものがたり(図解バナナ食民地
  • 鰻踊りの踊り方図解
  • パラオ人が日本人におくる歌
  • 水牛楽団のタイ日記
  • 水牛楽団チラシ集
  • カラワン楽団の日本日記)
  • 2 律とまち子のふぁっしょん読本(ぼくが作った本
  • 家族・友だち日々の糧
  • 夏の日の読書のために・抄
  • 歩く男-長谷川四郎が死んだ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 水牛通信
著作者等 水牛通信編集委員会
書名ヨミ スイギユウツウシン : 1978-1987
巻冊次 1978‐1987
出版元 リブロポート
刊行年月 1987.12.10
ページ数 245p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4845703106
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想