この人を見よ : 太宰治私論『斜陽』篇

大越 俊夫【著】

[目次]

  • 第1章 イントロダクション
  • 第2章 作家としての創作期区分
  • 第3章 太宰治の「貴族」と「聖」の意識-『斜陽』1、2章
  • 第4章 太宰治の「家庭」の意識-『斜陽』3章前半
  • 第5章 太宰治の「愛」と「不良」の意識-3章後半
  • 第6章 「罪」と「倫理」と「反俗と反逆」の意識-『斜陽』4章
  • 第7章 太宰治の「虚無」と「幸福」の意識-『斜陽』5章
  • 第8章 太宰治の「かるみ」と「生」の意識-『斜陽』6章
  • 第9章 太宰治の「芸術」と再び「聖書」の意識-『斜陽』7、8章

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 この人を見よ : 太宰治私論『斜陽』篇
著作者等 大越 俊夫
書名ヨミ コノヒトオミヨ : ダザイオサムシロンシヤヨウヘン
出版元 聖文舎
刊行年月 1987.12.10
ページ数 262p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想