悪魔の紋章

江戸川 乱歩【著】

H製糖株式会社取締役・川手庄太郎は差し出し人不明の脅迫状に悩まされていた。川手氏とふたりの娘の命をねらう不敵な復讐者とは、いったい、その正体はなんであったか?川手氏の依頼を受け、しろうと探偵で法医学界の権威・宗像隆一郎博士は、犯人究明に立ちあがった。おそるべき復讐者の手で宗像博士の助手木島は殺された。そこに残されたものは、奇怪な三重渦状紋であった!ついに復讐鬼の悪魔の手はのび姉妙子も妹雪子も殺された。妹は衛生展覧会で、姉は化け物屋敷の中で!3番めは父の川手庄太郎があぶない!かくて宗像博士を助けて、われらの名探偵・明智小五郎の登場となった!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 悪魔の紋章
著作者等 江戸川 乱歩
書名ヨミ アクマノモンシヨウ
シリーズ名 江戸川乱歩文庫
出版元 春陽堂書店
刊行年月 1987.12.10
版表示 〔新装版〕
ページ数 248p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4394301238
NCID BN14538360
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想