漱石文学論考 : 後期作品の方法と構造

秋山 公男【著】

[目次]

  • 『彼岸過迄』(『彼岸過迄』の方法-読者本位と作者本位の共存
  • 『彼岸過迄』試論-「松本の話」の機能と時間構造)
  • 『行人』(『行人』の主題と構造
  • 『行人』の深層心理)
  • 『こゝろ』(『こゝろ』の方法と構造
  • 『こゝろ』の死と倫理-我執との相関)
  • 『道草』(『道草』-構想と方法
  • 『道草』-鳥瞰図の諸相)
  • 『明暗』(『明暗』の方法
  • 『明暗』の叙法と「則天去私」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漱石文学論考 : 後期作品の方法と構造
著作者等 秋山 公男
書名ヨミ ソウセキブンガクロンコウ : コウキサクヒンノホウホウトコウゾウ
出版元 桜楓社
刊行年月 1987.11.10
ページ数 370p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4273022060
NCID BN01899049
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想