やる気にさせる学習評価 : これからの高校教育と授業改善

山藤 常雄【著】

本書は抽象的な教育論は避け、あえて高校の教員を知的生産の技術者としてとらえ、専門的教育技術の一つとして〔到達度評価の技術〕を示し、高校における知的生産性の向上を重点に、高校教育改革の論理を展開している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 教育の危機と教師の意識
  • 第2章 学力とは何か
  • 第3章 学習評価
  • 第4章 教育における知的生産の技術-到達度評価
  • 第5章 教育の知的生産を支える学校経営
  • 第6章 教員養成および現職教育と到達度評価
  • 第7章 後期中等学校改革の国際的動向と日本の高等学校

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 やる気にさせる学習評価 : これからの高校教育と授業改善
著作者等 山藤 常雄
書名ヨミ ヤルキニサセルガクシユウヒヨウカ : コレカラノコウコウキヨウイクトジユギヨウカイゼン
出版元 学事出版
刊行年月 1987.9.25
ページ数 194p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 476190206X
NCID BN01416236
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想