和・洋・中きのこ料理 : 旬の香り、味、歯ごたえをたべる

日本はきのこの宝庫で、約1500種のきのこが自生し、口にしているのは15種の栽培物が中心といわれます。各種ビタミンと食物繊維が大部分、その上ノーカロリーでコレステロールを低下させ、制ガン効果を期待される健康食時代の優等生。栽培物が1年中出回っていますが、やはり旬は秋。それぞれの持ち味を生かした、おいしい、きのこ料理をご賞味ください。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 高橋一郎の和風きのこ料理
  • 中村勝宏の洋風きのこ料理
  • 波多野須美の中華風きのこ料理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 和・洋・中きのこ料理 : 旬の香り、味、歯ごたえをたべる
書名ヨミ ワヨウチユウキノコリヨウリ : シユンノカオリアジハゴタエオタベル
シリーズ名 お料理朝昼晩シリーズ
FUJINGAHO BOOKS
出版元 婦人画報社
刊行年月 1987.12.25
ページ数 102p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想