一国社会主義 : 政治

カー E.H.【著】<Carr Edward Hallett>;南塚 信吾【訳】

苦難な闘争を経てボリシェヴィキ革命が成功し、ロシアの地に初めてソヴェト権力が出現した。しかし重要な歴史的選択、すなわち革命政府の路線をめぐって、トロツキーの永久革命か、スターリンその他の一国社会主義か、そのいずれをとるかが、革命数年後の最大の課題となった。本書はその現実的推移としての党内闘争のさまざまな面を明らかにしつつ、一国社会主義の政治的側面の分析をすすめる。これは『ボリシェヴィキ革命』につづく1924‐26年のソヴェト・ロシア史の見事な歴史叙述である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1篇 党内闘争(『十月の教訓』
  • 一国社会主義
  • 三人組の不和
  • 文学論争
  • コムソモール
  • 権力への策略
  • 第14回大会
  • 新たな戦列
  • 一枚岩の党)
  • 第2篇 ソヴェト制度(連邦と共和国
  • リージョナリゼーション
  • ソヴェト活発化
  • 赤軍
  • 秩序と安全)
  • 注解(地方財政
  • 農民相互扶助委員会
  • 革命的合法性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一国社会主義 : 政治
著作者等 Carr, Edward Hallett
南塚 信吾
カー E.H.
書名ヨミ イツコクシヤカイシユギ : セイジ
出版元 みすず書房
刊行年月 1987.10.30
ページ数 358,22p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4622020149
NCID BN01666313
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想