意識  1

エー アンリ【著】<Ey Henri>;大橋 博司【訳】

エーの精神医学の体系は従来の伝統的精神医学のそれとはかなり異なっている。彼にとって、重視すべきは急性精神病と慢性精神病の区分である。そうして前者が意識の病理に属するとすれば、後者は人格の病理にかかわる。本書においては、従来の彼の意識の概念は拡げられ、「意識野」だけでなく「自我の構成」ないし「人格」をも意識の一面として捉え、さらに意識と無意識の関係も論じている。初版の序で彼は述べている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 意識存在(意識の定義の問題
  • 哲学と意識の問題)
  • 第2部 意識野あるいは体験の現実性(意識野の構造解体
  • 意識野
  • 意識野の神経生物学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 意識
著作者等 Ey, Henri
大橋 博司
エー アンリ
書名ヨミ イシキ : 1
巻冊次 1
出版元 みすず書房
刊行年月 1987.9.10
ページ数 261,13p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4622019604
NCID BN00480794
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想