天璋院篤姫  下

宮尾 登美子【著】

名ばかりの夫、将軍家定の急死、継嗣をめぐる幕府内の凄じい対立、強力な後楯斉彬の死去と、重なる困難の中で篤姫は、大奥を預る総帥として振い立つ。14代将軍家茂の名目上の母として、皇妹和宮の降嫁を迎え、女の幸せとは遠く、ひたすら徳川宗家のために力を尽くした篤姫の、歴史的評価を決定した傑作長編。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天璋院篤姫
著作者等 宮尾 登美子
松本 鶴雄
綱淵 謙錠
書名ヨミ テンシヨウインアツヒメ : ゲ
シリーズ名 講談社文庫
巻冊次
出版元 講談社
刊行年月 1987.11.15
ページ数 361p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 406184072X
NCID BA52384587
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想