緑衣の鬼

江戸川 乱歩【著】

大江白虹とその友人で新聞記者・折口幸吉のふたりが銀座で目撃した怪事は、通行中の若い女に襲いかかってくる巨大の短剣の影であった。幻影の恐怖におびえる女。その若い女は、白虹の妹と同窓の笹本芳枝であった。芳枝と童話作者の夫・静雄の夫婦に迫るぶきみな「影」とは?イモムシを連想させる緑色につつまれた殺人鬼とは?芳枝のいとこにあたる伯父・夏目菊次郎のむすこ太郎は、衣服から持ち物、住む家にいたるまですべて緑色に統一するほどの緑色狂であった。では太郎が?しかし真相は二転三転!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 緑衣の鬼
著作者等 江戸川 乱歩
書名ヨミ リヨクイノオニ
シリーズ名 江戸川乱歩文庫
出版元 春陽堂書店
刊行年月 1987.11.10
版表示 〔新装版〕
ページ数 276p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4394301211
NCID BN14538247
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想