現代医学では治せないこりと痛みと背骨の曲がり : 手おくれにならないための「自律整体健康法」

峯村 浩【著】〔ミネムラ ヒロシ〕

こりは筋肉が自律収縮している状態です。したがってこりは、自然な体形を歪めます。体形が歪めば背骨も曲がります。その結果がいろいろな症状となってしまいます。こりと痛みは、あなたを襲うおそろしい病気の緊急予告です。「自律整体健康法」は瞬時に、筋肉、神経、脊柱、内臓など全身に作用して、こり解消にすばらしい効果をあげています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 時代の流れは恐ろしい
  • 現代医学の中にこりが存在しない理由
  • こりは筋肉の病気である
  • スポーツ障害と誤った体育の考え方
  • 不自然な姿勢がもたらすもの
  • 背骨はなぜ曲がるか
  • 首や肩や背中のこり
  • 脊柱側弯症
  • 頸腕症
  • むちうち症
  • 五十肩
  • 白蝋病
  • 胸郭出口症
  • 寝ちがえ
  • 猫背と肩こり
  • 首が痛い
  • こりは目にも影響する
  • メニエル氏病と顔面神経
  • 三叉神経痛
  • 声帯ポリープの経験、のどへの影響
  • 腱鞘炎
  • 胸椎の問題点
  • 助間神経痛
  • 不整脈・心臓神経症
  • 糖尿病について
  • 呼吸器への影響
  • 腰痛と椎間板ヘルニアについて
  • 腰痛と坐骨神経痛について
  • 腿の付け根が痛い
  • 足首が痛い、足首が腫れる
  • 夜尿症
  • 生理痛がひどい
  • リウマチという病名への疑い
  • こりと高血圧〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代医学では治せないこりと痛みと背骨の曲がり : 手おくれにならないための「自律整体健康法」
著作者等 峯村 浩
書名ヨミ ゲンダイイガクデハナオセナイコリトイタミトセボネノマガリ : テオクレニナラナイタメノジリツセイタイケンコウホウ
出版元 三天書房
刊行年月 1987.11.6
ページ数 241p
大きさ 19cm(B6)
NCID BA3675489X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想