幾何学の思想と教育

栗田 稔【著】

ユークリッド幾何学-それはおそらく、過去も現在も最高の知的遺産であり、最高の教材であろう。しかし、近年軽視されているきらいがある。このユークリッド幾何学の論理的・思想的な側面を本書の前半で説きおこし、それから非ユークリッド幾何学・現代数学へと発展してきた道筋を辿る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 幾何学とは何か-その発端
  • 第2章 幾何学の思想
  • 第3章 数学における静と動
  • 第4章 幾何の教育

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幾何学の思想と教育
著作者等 栗田 稔
書名ヨミ キカガクノシソウトキヨウイク
シリーズ名 モナド・ブックス 51
出版元 海鳴社
刊行年月 1987.10.15
ページ数 114p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想