倭乱(わらん)  下

辛 奉承【著】《シン ボンスン》;信元企劃〔シンゲンキカク〕【訳】

戦乱にうちひしがれた朝鮮王朝には倭軍以外にも油断ならぬ相手があった。突如もち上がる明と倭の講和交渉。戦場国である朝鮮をしめ出してひそかに進められる交渉に、朝廷は焦りの色を濃くする。その間も続けられる凄惨な戦闘、頼みの普州城も秀吉の怨念によってついに落城する。秀吉冊封の茶番劇も虚しく、講和は決裂、ここに倭軍は再度の大出兵を強行する。湖南の地へなだれこむ倭の大軍、霊光の英才、好漢姜〓は敵の手に落ち、倭国へと押送される。そして秀吉の死。慌ただしく撤退する倭軍にむけ、ついに朝鮮恐りの反撃が始まる…。壮大な国際ドラマ下巻では朝鮮の不屈の闘志と戦乱終結を描く。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 倭乱(わらん)
著作者等 辛 奉承
信元企劃
書名ヨミ ワラン : ゲ
巻冊次
出版元 講談社
刊行年月 1987.10.12
ページ数 234p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4062031795
NCID BA68453736
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想