テルトゥリアヌス  1

テルトゥリアヌス【著】;土岐 正策【訳】〔トキ ショウサク〕

キリスト教会は古くから教会的伝統の証人である司教や教師を尊敬をこめて「父」と呼んできた。「教会教父」の呼称はここに由来する。本著作集には、新約外典や使徒教父、グノーシス派の著作を除いた、第1期に属する教父たちの著作が収められている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プラクセアス反論(テルトゥリアヌス)
  • パッリウムについて(偽テルトゥリアヌス)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 テルトゥリアヌス
著作者等 土岐 正策
テルトゥリアヌス
書名ヨミ テルトウリアヌス : 1
シリーズ名 キリスト教教父著作集 13
巻冊次 1
出版元 教文館
刊行年月 1987.10.1
ページ数 182,19p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想