都銀の店舗戦略

福原 正弘【著】

小型店舗、機械化店舗、代理店、移動店舗、消費者金融店舗、法人取引店舗、特別出張所、無人店舗等の現実を洗う。交換、縮小作戦の具体例や、住友の平相合併による東京進攻戦略を浮彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 明暗分かれる都市事情(東京に集中する日本の経済
  • 変わる都市システム
  • 東京に傾斜する都銀の店舗)
  • 第2章 きびしさ増す立地選定(店舗のできるまで
  • きびしさ増すマーケッティング)
  • 第3章 攻めと守りの店舗戦略(自由化に向かう店舗行政
  • 一般店舗
  • 団地等店舗
  • 小型店舗
  • 機械化店舗
  • 都銀になじまない代理店
  • 移動店舗
  • 消費者金融店舗
  • 法人取引店舗
  • 特別出張所
  • 店舗外ATM)
  • 第4章 挑戦への店舗戦略(店舗買取りから交換へ
  • 異彩を放つ協和銀行の戦略
  • そして合併へ-住友・平相の例)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 都銀の店舗戦略
著作者等 福原 正弘
書名ヨミ トギンノテンポセンリヤク
シリーズ名 ふぁいなんしゃる'87
出版元 キンザイ
金融財政事情研究会
刊行年月 1987.9.26
ページ数 114p
大きさ 19cm(B6)
NCID BA36797688
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想