シンポジウム 邪馬台国から九州王朝へ

藤田 友治〔フジタ トモジ〕;中小路 駿逸〔ナカコウジ シュンイツ〕;橋田 薫;古田 武彦【著】;古田 武彦【編】

筑前中域を中心部とする邪馬台国は九州王朝に発展し、8世紀初頭まで続いた…とする古田史学を実証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 好太王碑に現われる倭とは何か
  • 万葉集と九州王朝
  • 「邪馬台国」論争は終わったか
  • 邪馬台国から九州王朝へ
  • 質問にこたえる
  • 筑紫舞の上演
  • 自由討論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シンポジウム 邪馬台国から九州王朝へ
著作者等 中小路 駿逸
古田 武彦
橋田 薫
藤田 友治
書名ヨミ シンポジウムヤマタイコクカラキユウシユウオウチヨウヘ
出版元 新泉社
刊行年月 1987.10.1
ページ数 281p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想