官公労働の基礎と実務 : 争訟問題を中心として  3

公務員関係判例研究会【編】

公務員の争議行為全面一律禁止の、最高裁判例が定着したことに伴ない、公務員の服務一般に関するテーマが増えつつあり、本書は人事関係担当者の事務処理に役立つ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 懲戒処分をめぐる諸問題
  • 服務管理をめぐる諸問題
  • 庁舎管理をめぐる諸問題
  • 訟務制度について
  • 労務管理と労使関係の基本問題と対応策について
  • 服務規律をめぐる諸問題について
  • 庁舎管理権をめぐる諸問題について
  • 労働判例の変遷
  • 公務員労働と休暇
  • 公務員の人事・労務管理に関する基本問題について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 官公労働の基礎と実務 : 争訟問題を中心として
著作者等 公務員関係判例研究会
書名ヨミ カンコウロウドウノキソトジツム : ソウシヨウモンダイオチユウシントシテ : 3
巻冊次 3
出版元 三協法規出版
刊行年月 1987.3.25
ページ数 178p
大きさ 26cm(B5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想