魔術としての文学

坂口曜子 著

言葉のイメージや情念をシンボライズしつつ、作品の端々に仕掛けられたトリックを明らかにする。なにげないモチーフに豊潤なエロスを湛える漱石文学は、"魔術"であろうか。新しい視点に立つ漱石論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 悪しき時代の処世-『三四論』読解
  • 漱石の象徴主義-『道草』論
  • 愛の殉教者-『心』論
  • 渦巻く宇宙-『それから』論
  • 幽界への溯行-『門』論
  • 《雛》の運命-『彼岸過迄』論
  • 死との親和の向こうに-『行人』論
  • 世界に正しく躓くこと

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 魔術としての文学
著作者等 坂口 曜子
書名ヨミ マジュツ ト シテ ノ ブンガク : ナツメ ソウセキロン
書名別名 夏目漱石論

Majutsu to shite no bungaku
出版元 沖積舎
刊行年月 1987.10
ページ数 390p
大きさ 20cm
ISBN 4806045152
NCID BN01572399
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22984533
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想