コアとプロトタイプ : 基本動詞の意味論

田中 茂範【編著】

takeやgetなどの基本動詞の意味は多岐に亘り、相互の関連性が截然と把えにくい。本書では、これをコアとプロトタイプの概念を組み合わせ整理する理論を提案し、検証を経てかなり成功している。意欲あふれる研究書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 総論(外国語学習における意味発達
  • 基本動詞の意味論:理論的枠組み)
  • 第2部 各論(知覚動詞
  • 発話動詞
  • 移動動詞
  • 接触動詞
  • 設置動詞
  • 分離動詞
  • 解放動詞
  • 操作動詞
  • 加圧動詞
  • 取り引き動詞)
  • 第3部 応用(前置詞の意味分析)
  • 付録 実験意味論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コアとプロトタイプ : 基本動詞の意味論
著作者等 田中 茂範
書名ヨミ コアトプロトタイプ : キホンドウシノイミロン
出版元 三友社出版
刊行年月 1987.10.21
ページ数 417p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想