中国内政の動向と日中関係 : 10億人の近代化  2

21世紀の日中関係を考える会【編著】

この秋(1987年10月)、中国共産党は第13回党大会を開く。党最高指導者たちは自ら引退し、「若手リーダーの登場」が、ほぼ実現しようとしている。-中国がすすめる「4つの近代化」の中で、世代交代の波は着実に寄せてはいるが、今日、内政上(政治、経済)で、指導者たちはどんな動きをしたのだろうか。中国理解の最新必携書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 党・国家の若返り化
  • 第2章 経済改革にみる指導者たち(改革派と調整派の対立
  • 大局的立場に立つ〓@68B0小平党顧問委主任
  • 均衡重視の陳雲党政治局常務委員
  • 改革派の知恵袋、薛暮橋氏
  • 調整派の理想的支柱、〓@68B0力群氏
  • 改革派のエコノミスト群
  • 特区批判を展開した劉国光氏
  • 趙紫陽-万里コンビの国務院
  • 次代を担う若手リーダーたち
  • 経営経験豊かな王光英、栄毅仁)
  • 第3章 人・財力結集の香港・深〓(97年以後をにらみ戦略配置
  • 塗りかわる香港経済地図
  • 胡耀邦辞任劇の波紋)
  • 第4章 変化する社会と人
  • 第5章 明日への日中関係

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国内政の動向と日中関係 : 10億人の近代化
著作者等 21世紀の日中関係を考える会
書名ヨミ チユウゴクナイセイノドウコウトニツチユウカンケイ : ジユウオクニンノキンダイカ : 2
シリーズ名 「4つの近代化」を進める中国をみるためのシリーズ
巻冊次 2
出版元 情報企画出版
刊行年月 1987.9.10
ページ数 217p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想