紺青(コンジョウ)の鈴  下

高橋 治【著】

紺谷彩子は、父親である紺谷家の9代目十九蔵に、「勘当」されながらも、父の怨敵・東山のもとで修業をつづける。だが、焼き物の道をこころざしながら、女性として、東山への愛に生きたいと願う自分との葛藤に苦しみ、答えを出すことができない。父・十九蔵、そして、唐突に訪れた、東山との永訣…。直木賞作家高橋治が、古九谷五彩の紺青にまつわる因縁とかさねて、ひたむきな生と愛のかたちを描いた、渾身の長編。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 紺青(コンジョウ)の鈴
著作者等 高橋 治
書名ヨミ コンジヨウノスズ : ゲ
シリーズ名 角川文庫
巻冊次
出版元 角川書店
刊行年月 1987.9.25
ページ数 228p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4041706025
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想