17歳のワイオミング : 娘と父の往復書簡

本多 里砂;本多 健吉【著】

本書は里砂さんと父健吉さんの、太平洋をはさんでの1年間のメッセージのやりとりを軸にYFU(Youth for Understanding:著書の国際理解)のアメリカ・ワイオミングでの、留学体験をきっかけとした、ひとりの17歳の少女の人間としての成長を記録してみようという企画です。里砂さんの手紙は、17歳そのものを切り取ってスクラップ帳に貼るように、筆跡もイラストも手を加えないで、なにもかも再現することを試みました。当時の健吉さんの手紙にも、国際経済専攻の大学教授の顔でなく、娘とふたりだけで対話するときの父親の表情が、見えます。人類の智恵も、相互理解や国際友好も、さまざまな希望や夢を抱きながら、しかし、決して完全でも全能でもないひとりひとりの考えと行動が、その出発点であり、同時にすべてでもあるといえるのではないでしょうか。こんな思いが、エスエス出版会の協力を得て、とうとう「出版企画」にまで発展してしまいました。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 17歳のワイオミング : 娘と父の往復書簡
著作者等 本多 健吉
本多 里砂
書名ヨミ 17サイノワイオミング : ムスメトチチノオウフクシヨカン
出版元 エスエル出版会
鹿砦社
刊行年月 1987.9.1
ページ数 89p
大きさ 25×25cm
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想