国家革命論

葉室 真郷【編著】

ハンガリー革命30周年記念。日本革命的共産主義運動の発展。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 革命実践論としての革命理論(葉室真郷)
  • スターリニスト革命論との訣別(真鍋 学)
  • 理論家としてのトロツキーの悲劇(菅村隆夫)
  • レーニンの革命戦略論(年田 亘)
  • トロツキーの統一戦線論(阿蘇平八)
  • われわれの国家論の形成(奥野広史)
  • 『ドイツ・イデオロギー』の国家論(藤葛 遼)
  • 「自主独立」路線のなしくずし的清算(葉室真郷)
  • 広松渉のスターリン主義弁護論(片桐 悠)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国家革命論
著作者等 葉室 真郷
書名ヨミ コツカカクメイロン
シリーズ名 スターリン主義の超克 2
出版元 こぶし書房
刊行年月 1987.9.15
ページ数 291p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想