日本人の人間関係

栗田 靖之【編】

国立民族学博物館では、昭和56(1981)年から、特別研究として「現代日本文化における伝統と変容」をテーマとし、継続的な研究をおこなってきた。第3回目は「日本人の人間関係」をテーマとし、昭和60年2月20日から3日間にわたって開催された。本書はその成果をまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 家庭(現代日本の家庭観
  • 共同体から共遊体へ)
  • 2 地域(「番」と「衆」-地域社会と個人
  • 選挙と人間関係)
  • 3 学校(学閥現象の社会学
  • 学校教育における正統性の危機)
  • 4 職場(間柄志向と集団志向
  • 職場の人間関係)
  • 5 寄り合(芸能と家元制度
  • クラブ型社会の可能性)
  • 6 情報(情報社会の人間関係
  • 人間関係の情報構造)
  • 7 社縁(選べる縁・選べない縁
  • 社縁の人間関係)
  • 8 総括討論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人の人間関係
著作者等 栗田 靖之
書名ヨミ ニホンジンノニンゲンカンケイ
シリーズ名 現代日本文化における伝統と変容 3
出版元 ドメス出版
刊行年月 1987.9.5
ページ数 322p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想