古代日本の山と信仰

下出 積与;直木 孝次郎;松前 健;黛 弘道;横田 健一【著】

[目次]

  • 1 三輪山・香久山と雄略天皇(天香久山について
  • 三輪山について
  • 三輪山と香久山のちがい
  • 雄略天皇と三輪山
  • 大和政権と河内政権)
  • 2 役行者と葛城山(役行者の修行
  • 道教とは何か
  • 葛城の一言主神)
  • 3 白山と泰澄(山の神と山岳信仰
  • 白山信仰と加賀・越前・美濃の3国
  • 泰澄と白山
  • 泰澄の権威をめぐる動向)
  • 4 筑波山と富士山(古代人に映った二つの山
  • 筑波山について
  • 歌垣と国見
  • 富士山について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代日本の山と信仰
著作者等 下出 積与
松前 健
横田 健一
黛 弘道
直木 孝次郎
書名ヨミ コダイニホンノヤマトシンコウ
シリーズ名 エコール・ド・ロイヤル 古代日本を考える 10
出版元 学生社
刊行年月 1987.9.15
ページ数 209p
大きさ 19cm(B6)
NCID BN01364267
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想