黒犬の巻 : 御三家の犬たち  下

南原 幹雄【著】

徳川8代将軍には、紀伊藩主の吉宗が就任した。しかし、水戸藩の所持する、家康による副将軍の「御墨付」と紀水同盟をうたった「誓紙」は徳川新体制にとって最大の脅威であった。二つの極秘文書をめぐり、天下を賭けた凄じい闘いは続く-。闇の中で次々と斃れていく犬たち。妖媚な色仕掛け。はたして天下を制する<秘密文書>はどこに?!男たちの野望と策謀を描く、大型時代小説完結編。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 黒犬の巻 : 御三家の犬たち
著作者等 南原 幹雄
書名ヨミ クロイヌノマキ : ゴサンケノイヌタチ : ゲ
シリーズ名 角川文庫
巻冊次
出版元 角川書店
刊行年月 1987.9.10
ページ数 356p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4041633087
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想