最近の重要環境・公害判例

人間環境問題研究会【編】

公害・環境問題は動きが激しい領域であるため、絶えずその時代の正しい姿を捉えることが必要であり、そのために裁判の動きをみることが重要である。本書では、重要判例を紹介し、分析検討をした。司法の役割、弾力的・割合的な解決など重要な提示をみることができるであろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 昭和50年以降の環境・公害判例の動向
  • 2 大気汚染をめぐる判例
  • 3 水質汚濁をめぐる判例
  • 4 騒音・振動をめぐる判例
  • 5 日照妨害、通風妨害、眺望妨害、風害をめぐる判例
  • 6 埋立てをめぐる判例
  • 7 文化財保護をめぐる判例
  • 8 原子力をめぐる判例
  • 9 地域環境問題をめぐる判例

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 最近の重要環境・公害判例
著作者等 人間環境問題研究会
書名ヨミ サイキンノジユウヨウカンキヨウコウガイハンレイ
出版元 有斐閣
刊行年月 1987.8.30
ページ数 325p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4641030804
NCID BN01486377
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想