おとこ鷹  下

子母沢 寛【著】

深川の元芸者を娶った勝麟太郎は、蘭学塾を開き、西洋兵術を講じて声望を上げる一方、佐久間象山との交流を通じて、"海"への関心を高めて行く。時は弘化から嘉永。来航する異国船はいよいよ繁く、やがて海防御係・大久保忠寛(一翁)の訪問を受ける日が来た。しかし、幕閣の顕官に麟太郎は臆するどころか、幕府の無為無策を説くのだった…。日本転換期を骨太に生きた傑物父子を描く、巨匠の代表作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 おとこ鷹
著作者等 子母沢 寛
書名ヨミ オトコダカ : ゲ
シリーズ名 徳間文庫
巻冊次
出版元 徳間書店
刊行年月 1987.9.15
ページ数 471p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4195983592
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想