子どもを伸ばす授業技術

羽豆 成二;関 貞雄【編】

本巻では、授業の着手に当たって、計画から実施、評価までの基本となる事項を中心に取り上げ、準備のありようや手順、基本となる技術の運び方、評価のし方、生かし方などについて、具体的な事例で、それぞれの基礎・基本を示している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 授業を成功に導く計画と準備(子どものとらえ方
  • 教材研究・開発
  • 指導計画のつくり方
  • 教具の開発と工夫 ほか)
  • 2 楽しくわかる授業の展開(導入のいろは
  • 発問と助言
  • 板書のABC
  • 机間巡視
  • 教科書の利用 ほか)
  • 3 定着をはかる評価の実際(授業場面の評価
  • テスト問題のつくり方
  • テストの生かし方 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どもを伸ばす授業技術
著作者等 関 貞雄
羽豆 成二
書名ヨミ コドモオノバスジユギヨウギジユツ
シリーズ名 教え方の手びき 2
出版元 教育出版
刊行年月 1987.9.3
ページ数 105p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4316371207
NCID BN04121895
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想