聖ヴェロニカの陰謀  下

パーデュー ルイス【著】<Perdue Lewis>;大熊 栄【訳】

UCLAの哲学講師スティールの妻ステファニーが失踪した。原因は、聖ヴェロニカの屍衣。美術品鑑定家の彼女は、屍衣にからむ政治事件にまきこまれたのだ。懸命に妻の行方を探すスティールがようやく探りだしたところでは、背後で、ヴァチカンの転覆を企む組織が糸をひいているらしい。屍衣は、その鍵となるものなのだ。ヴァチカンが転覆すれば、西欧キリスト教世界は崩壊し、共産勢力の思うままになる。いまやその命運を握るのがステファニーなのだ。さまざまなおもわくをからめて、モサド、CIA、ポーランド国家保安委員会がせめぎあうポリティカル・スリラー!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 聖ヴェロニカの陰謀
著作者等 大熊 栄
パーデュー ルイス
書名ヨミ セイヴエロニカノインボウ : ゲ
シリーズ名 ザ・ミステリー・ファイル
集英社文庫
巻冊次
出版元 集英社
刊行年月 1987.8.25
ページ数 402p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4087601315
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想