入院初夜は東京ナイト : 女子大生、れー子の日記

土屋 礼子【日記】;植木 誠【編著】

フツーの生活がしたい!!と不治の病のつらさに耐えつつ20歳の青春を力いっぱい生きて白血病のために逝った女子大生、れい子。感動すら凍てつく病気と必死に闘い最後まで笑顔のれい子が書き綴った日記、万人ひとしく感動せずにはいられない赤裸な事実の記録である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 体の変調も知らないで(大学の最初の夏休みで)
  • 2 試練の日々(初めての入院の日々)
  • 3 涙と覚醒の日々(昭和60年の日々)
  • 4 哀歓に涙した日々(3回目の入院の日々)
  • 5 絶望と希望のはざまにいた日々(昭和61年の日々)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 入院初夜は東京ナイト : 女子大生、れー子の日記
著作者等 植木 誠
土屋 礼子
書名ヨミ ニユウインシヨヤハトウキヨウナイト : ジヨシダイセイレ-コノニツキ
出版元 教研学習社
刊行年月 1987.9.1
版表示 新版
ページ数 206p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4905717043
NCID BA38552626
BA41729687
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想