悪の捕物帖 : 盗っ人あがりの岡っ引き

佐賀 潜【著】

「あいつはもと盗っ人」-暗い過去をもつ目明かし鳴海屋弁蔵。そんな世間の風あたりや冷たい目をよそに、江戸は四谷左門丁を舞台に難解な事件を扱い、鮮やかに謎を解く。目明かし稼業に新しい光を当てた力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 心中さらし
  • 屋根から来た男
  • 女敵討ち
  • 医師道庵の顔
  • すりの季節

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 悪の捕物帖 : 盗っ人あがりの岡っ引き
著作者等 佐賀 潜
書名ヨミ アクノトリモノチヨウ : ヌスツトアガリノオカツピキ
シリーズ名 光文社時代小説文庫
出版元 光文社
刊行年月 1987.8.20
ページ数 347p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4334705960
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想