大道将棋殺人事件

山村 正夫【著】

かつて神童とうたわれ、プロの棋士を夢見た仙吉だったが、定跡を無視した眩惑戦法が、正統派の師匠の棋風に合わず、ある日突然、師匠の家を飛び出し、行方をくらました。その後仙吉は、詰将棋一筋に生きる大道将棋師となり、"鬼殺しの仙吉"と異名をとるほどになった…。放浪の旅先で遭遇するさまざまな殺しに、仙吉の冴えた読みが的中する!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大道将棋殺人事件
著作者等 山村 正夫
書名ヨミ ダイドウシヨウギサツジンジケン
シリーズ名 双葉文庫
出版元 双葉社
刊行年月 1987.8.25
ページ数 294p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4575501417
NCID BA3436786X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想