魔術師

江戸川 乱歩【著】

探偵小説の一大金字塔!不滅の足跡を遺す巨星・江戸川乱歩の長編傑作!しばしの休養のため湖畔のホテルにやってきた名探偵明智小五郎は、東京の大宝石商の娘玉村妙子と知り合ったが、それが玉村家の怪事件へかかわり合うことになる始まりだった。玉村宝石王の実弟福田得二郎のところへ簡単な数字の幽霊通信がきはじめた。それが「一」となり「0」となったとき、得二郎は自室で殺され、血まみれの死体から首が奪われていた!白鬚橋付近の大川を生首が流れ、その首をのせた板には「獄門舟」とかかれていた!悪魔の手にとらえられた明智小五郎の運命は風前の灯であった!そこへ出現した怪しの道化師!玉村家を次々に襲う復讐鬼のねらうものは?尽きせぬ興味で物語は核心へ!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 魔術師
著作者等 江戸川 乱歩
書名ヨミ マジユツシ
シリーズ名 江戸川乱歩文庫
出版元 春陽堂書店
刊行年月 1987.8.10
版表示 〔新装版〕
ページ数 240p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4394301130
NCID BN14532954
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想