鏡花と戯曲

越智 治雄【著】〔オチ ハルオ〕

[目次]

  • 泉鏡花
  • 滝の白糸
  • 泉鏡花と新派劇
  • 「雲のわかれ路」の成立過程-真山青果の新派劇
  • 大正期戯曲の多面性-鈴木泉三郎の場合
  • 近代翻訳劇の問題
  • 木下順二の『夕鶴』
  • 森鴎外とルードウィッヒ王
  • 山本有三の劇作と「女人哀詞」
  • 岸田国士の初期戯曲
  • 田中千禾夫作品の演奏について
  • 大味な芝居に終る
  • メールヘンに達した再演
  • 徹底した演出の批評性
  • 作者の周到な布置〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鏡花と戯曲
著作者等 藤井 淑禎
越智 治雄
越智 まり子
書名ヨミ キヨウカトギキヨク
シリーズ名 文学論集 3
出版元 砂子屋書房
刊行年月 1987.6.15
ページ数 390p
大きさ 19cm(B6)
NCID BN0113151X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想