取引先アラーム管理 : 倒産予知の新システム

伊藤 祥司【著】

倒産解明率96%。「異常値法」による倒産予知アラーム管理システム。誰にでも理解できる新しい財務分析の手法。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序に代えて
  • 第2章 異常値法の解明率
  • 第3章 債権管理としての信用調査の意味
  • 第4章 アラーム管理
  • 第5章 倒産予知のための考え方
  • 第6章 倒産企業の実態-常識のウソ
  • 第7章 倒産予知としての財務分析アプローチのために
  • 第8章 財務指標の決定
  • 第9章 評点化のためのウエイトづけ
  • 第10章 評点化
  • 第11章 計算式と評価テーブル
  • 第12章 倒産の型と関連指標
  • 第13章 他の予知手法とその問題点
  • 第14章 異常値法メモ
  • 第15章 財務分析におけるコンピュータ処理上の問題点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 取引先アラーム管理 : 倒産予知の新システム
著作者等 伊藤 祥司
書名ヨミ トリヒキサキアラ-ムカンリ : トウサンヨチノシンシステム
出版元 商事法務研究会
刊行年月 1987.7.25
ページ数 229p
大きさ 21cm(A5)
NCID BN01280779
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想