ドル崩落時代と革新の『自立戦略』 : 1987年総評調査年報

総評経済局【編】

[目次]

  • 第1部 日本の政治経済情勢(世界経済を揺るがす日米経済関係
  • 中曽根路線の破綻と現局面
  • 円高構造調整と日本経済の転換-「産業空洞化」は避けられるか
  • 日本経済のマネー化とジャンパンマネーの奔流
  • 円高・貿易摩擦と日本企業の海外進出
  • 地価高騰と都市再開発の問題点
  • わが国農業の現状と農業再建の視点
  • 売上税廃案の軌跡と今後の課題)
  • 第2部 国際情勢(変動相場制のもとでのドル急落
  • 不確実性が増大する世界経済
  • 核軍縮時代における米ソ関係
  • 国際労働組織・欧米労組の貿易政策)
  • 第3部 今日の労働と社会(雇用・失業情勢と雇用政策の現況
  • 失業情勢の深刻化と企業内労働市場の動向
  • 就業構造の変化と雇用安定
  • 仕事も家庭も-男女平等社会への課題-ダブル・アイデンティティ
  • 「生活の質」の上向と真の「ゆたかさ」を求めて
  • 「生活の質」と労働時間短縮)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドル崩落時代と革新の『自立戦略』 : 1987年総評調査年報
著作者等 日本労働組合総評議会
総評経済局
書名ヨミ ドルホウラクジダイトカクシンノジリツセンリヤク : 1987ネンソウヒヨウチヨウサネンポウ
出版元 労働経済社
刊行年月 1987.7.25
ページ数 252p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4947585285
NCID BN07330359
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想