音楽と認知

波多野 誼余夫【編】〔ハタノ ギヨオ〕

音楽は人間の直観がつくり上げる最高の美。その理解と表現のプロセスを徹底解明。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 楽曲分析における認知(音楽における作品構造の分析法
  • "暗意-実現モデル"による認知的楽曲分析
  • "代償的グルーピング"による分析理論の展開)
  • 2章 旋律はいかに処理されるか(旋律処理の三つの側面
  • 旋律認識における調性的体制化
  • 終止音導出過程のモデル化)
  • 3章 演奏に含まれる認知過程-ピアノの場合(初見視奏
  • 作品の理解・解釈と演奏表現の決定)
  • 4章 音楽認知のための知識表現(音楽認知の枠組み
  • 関数形式による音楽の表現
  • 類似性の検出
  • 音楽の認知モデルに向けて)
  • 補稿 音楽の認知的理論をめざして

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音楽と認知
著作者等 大浦 容子
平賀 譲
村尾 忠廣
波多野 誼余夫
阿部 純一
書名ヨミ オンガクトニンチ
シリーズ名 認知科学選書 12
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1987.7.10
ページ数 155p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4130130625
NCID BN01057778
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想