横溝正史殺人事件 : あるいは悪魔の子守唄

岩崎 正吾【著】

奇妙な子守唄が伝わる辺境の寒村。ある日その村に1人の探偵があらわれた。彼はキンダイチと名乗るが、もちろん変名である。そして、探偵の登場を待つかのように、子守唄に見立てた連続殺人劇が展開する。現場に残された3本指の手型、対立する二つのお大尽家、キチガイじゃが、とつぶやく老人…。おなじみの横溝正史の名場面を借用しながら、独創的なトリックで展開される長編「本歌取り」ミステリー。新人作家の意欲にみちたニュータイプ探偵小説だ。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 横溝正史殺人事件 : あるいは悪魔の子守唄
著作者等 岩崎 正吾
書名ヨミ ヨコミゾセイシサツジンジケン : アルイハアクマノコモリウタ
出版元 山梨ふるさと文庫
星雲社
刊行年月 1987.7.7
ページ数 280p
大きさ 18cm
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想