神州(しんしゅう)百鬼伝説

志茂田 景樹【著】

父の故郷だという諏訪湖畔の町を、北井は絵を描くために訪れた。だが町には、天地統一教の奇怪な踊りを舞う男女が溢れ、女教組、始女の"湖が割れ、方舟が浮上する"という不気味な予言が流れていた。そして豪雨の一夜、北井は不可思議な体験をした。頭に角のはえた4人の男に拉致されたのだ。北井が目ざめた場所、それはかつて鬼が棲んでいたという与田切渓谷だった。鬼界と現世のあやかしを描く力作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神州(しんしゅう)百鬼伝説
著作者等 志茂田 景樹
書名ヨミ シンシユウヒヤツキデンセツ
シリーズ名 角川文庫
出版元 角川書店
刊行年月 1987.7.10
ページ数 361p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4041599091
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想