新・ユーロ市場入門

東京銀行資本市場第1・2・3部【著】

セキュリタイゼーションの波と本邦証券・銀行・投資家の台頭で新展開をみせるユーロ市場の現場を報告する!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 セキュリタイゼーションとユーロ市場(シンジケート・ローンから変動利付債券<FRN>へ
  • ユーロ市場におけるセキュリタイゼーション)
  • 第2章 ユーロ債の発行(日本企業外債発行の状況
  • 金利・為替リスクヘッジの多様化)
  • 第3章 ユーロ債への投資(投資家層の変遷
  • 本邦投資家のアクセス
  • 流通市場
  • 新商品の変遷)
  • 第4章 ユーロ市場の将来(止まらない証券化
  • アキレス腱とその対応
  • 円の国際化とユーロ円債市場
  • 世界に広がる市場)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新・ユーロ市場入門
著作者等 東京銀行資本市場第1・2・3部
書名ヨミ シンユ-ロシジヨウニユウモン
シリーズ名 ふぁいなんしゃる'87
出版元 キンザイ
金融財政事情研究会
刊行年月 1987.7.7
ページ数 97p
大きさ 19cm(B6)
NCID BN01886331
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想