1925年様式 アール・デコの世界

ブリュナメェル イヴォンヌ【著】;竹内 次男【訳】

1925年パリで開かれた<現代工芸美術国際博覧会(通称、アール・デコ博)>が契機となって、アール・デコと呼ばれたデザインは、20世紀の機械化、工業化時代の造形として一世を風靡し、今なお各方面に多くの刺激を与えている。本書はその多様な造形を建築から室内装飾、家具、絨緞、布地、壁紙、時計、陶磁器、ガラス、照明器具、装身具、本の装幀まで、400点余の写真で展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1925年様式(その起源とヨーロッパにおける形式
  • フランスにおける1925年様式)
  • 家具(伝統主義者たち
  • 現代派と先駆者たち)
  • 床と壁
  • 応用美術
  • 照明器具

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 1925年様式 アール・デコの世界
著作者等 竹内 次男
ブリュナメェル イヴォンヌ
書名ヨミ 1925ネンヨウシキア-ルデコノセカイ
出版元 岩崎美術社
刊行年月 1987.5.30
ページ数 199p
大きさ 30cm
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想