ロイズ : 巨大保険機構の内幕  下

ホジスン ゴドフリー【著】<Hodgson Godfrey>;狩野 貞子【訳】

1970年代後半、かずかずの試練を経験しながらも順調に成長を続けてきたロイズに、嵐がつぎつぎと襲いかかった。なかでもロイズにとりわけ大きな衝撃を与えたのは、サス事件、サヴォニタ号事件、コンピュータ・リース事件などの一連の不祥事だった。事態を重く見たロイズ委員会はフィッシャー特別委員会を設置し、自己規制の強化にのりだす。しかし、その直後、アンダーライターやブローカーのスキャンダルが続けざまに発覚し、ロイズは史上最大の危機に直面する。現代のロイズが抱えるさまざまな問題点を仔細に検討し,これからのロイズが進むべき道をさぐりながら、今日の保険業界のありかたを問う、ビジネスマン必読の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 6 暴風雨
  • 7 船上で火災発生
  • 8 船から落ちた男
  • 9 一等船客の反乱
  • 10 海の静けさと幸ある航海
  • 11 ドック入り
  • 12 氷上

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロイズ : 巨大保険機構の内幕
著作者等 Hodgson, Godfrey
狩野 貞子
ホジスン ゴドフリー
書名ヨミ ロイズ : キヨダイホケンキコウノウチマク : ゲ
巻冊次
出版元 早川書房
刊行年月 1987.6.30
ページ数 282p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4152033355
NCID BN01204646
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想